所得税・住民税関連
更新日:2020年4月20日
課税所得とは
課税所得とは税金がかけられる所得のことです。もう少しくわしく説明するために所得税の計算式を下記に示します。

下記を見てわかるように総所得金額-所得控除しょとくこうじょの金額を課税所得といいます。

総所得金額とは:各所得の合計(一部所得は除く)。
所得控除とは?:税の負担を軽くするもの。
参照:国税庁所得税のしくみ

では次に、課税所得の計算のやり方について下記で説明していきます。給料をもらっているひとの課税所得を具体的に金額をあてはめてシミュレーションしているのでチェックしておきましょう。


【例】所得税が0円?課税所得の計算はどうやるの?
総所得金額が48万円のとき、課税所得は0円となります。

48万円総所得金額48万円所得控除 = 0円課税所得

所得控除48万円はすべての方に適用される基礎控除です。
総所得金額とは:各所得の合計(一部所得は除く)。

となります。

したがって、所得税は、

0円課税所得 × 税率 = 0円所得税
所得税については、所得税とは?を参照。

となります。所得控除の金額がもっと多ければ総所得金額が増えても課税所得が0円となるので所得税は0円となります。


【例】給料をもらっている方の課税所得と所得税の計算
給与収入が200万円でそれ以外に収入がない場合。

給与所得は、

200万円給与収入68万円給与所得控除 = 132万円給与所得
給与所得や給与所得控除については、給与所得とは?を参照。

となります。

給与所得のほかに所得がないので、これが総所得金額となります。

したがって、課税所得は、

132万円総所得金額 - 所得控除 = 課税所得

総所得金額とは:各所得の合計(一部所得は除く)。
所得控除とは?:税の負担を軽くするもの。

となります。所得控除を60万円とすると、課税所得は、

132万円総所得金額60万円所得控除 = 72万円課税所得

総所得金額とは:各所得の合計(一部所得は除く)。
所得控除とは?:税の負担を軽くするもの。

となります。所得税をもとめる式は、

72万円課税所得 × 税率 = 所得税
所得税については、所得税とは?を参照。

となります。課税所得が195万円以下のときは税率が5%なので、所得税は、

72万円課税所得 × 5% = 36,000円所得税
所得税率については、所得税の税率を参照。

となります。
住民税については住民税とはを参照。

個人事業主の場合の課税所得
たとえばあなたが個人事業主であり、事業による収入が1年間(1月~12月まで)に200万円あった場合。


①まず事業所得を計算
上記の条件のとき、事業所得は、

200万円事業収入10万円経費65万円控除 = 125万円事業所得
※控除は青色申告特別控除の65万円です。
※事業所得については事業所得とは?を参照。
※計算をわかりやすくするため経費を10万円としています

となります。

事業所得のほかに所得がないので、125万円が総所得金額となります。


②次に課税所得を計算
所得控除が85万円とすると、課税所得は

125万円総所得金額85万円所得控除 = 40万円課税所得
総所得金額とは:各所得の合計(一部所得は除く)。
所得控除とは?:税の負担を軽くするもの。

となります。そして、課税所得に税率をかけることで所得税が計算されます。


雑所得がある場合の課税所得
たとえばあなたが雑多な収入(フリマや広告収入、仮想通貨などで稼いだお金)を得ており、その収入が1年間(1月~12月まで)に100万円でそれ以外にない場合。


①まず雑所得を計算
上記の条件のとき、雑所得は、

100万円雑多な収入10万円経費 = 90万円雑所得
※雑所得については雑所得とは?を参照。
※計算をわかりやすくするため経費を10万円としています

となります。

雑所得のほかに所得がないので、90万円が総所得金額となります。


②次に課税所得を計算
所得控除が48万円とすると、課税所得は

90万円総所得金額48万円所得控除 = 42万円課税所得
総所得金額とは:各所得の合計(一部所得は除く)。
所得控除とは?:税の負担を軽くするもの。

となります。そして、課税所得に税率をかけることで所得税が計算されます。


本業以外に副業をしている場合の課税所得
たとえばあなたはサラリーマンであり、1年間(1月~12月まで)の給料が300万円、さらに副業としてフリマや仮想通貨などで稼いだ雑多な収入が100万円あった場合。


①まず給与所得を計算
上記の条件のとき、給与所得は、

300万円給与収入98万円給与所得控除 = 202万円給与所得
※給与所得や給与所得控除については給与所得控除とはを参照。

となります。

②次に雑所得を計算
本業以外にも副業として雑多な収入が100万円あるので、雑所得は、

100万円雑多な収入10万円経費 = 90万円雑所得
※雑所得については雑所得とは?を参照。
※計算をわかりやすくするため経費を10万円としています

となります。

③次に総所得金額を計算
給与所得と雑所得が計算できたので、総所得金額は、

202万円給与所得 + 90万円雑所得 = 292万円総所得金額
総所得金額とは:各所得の合計のこと(一部所得を除く)。

となります。

④次に課税所得を計算
所得控除が92万円とすると、課税所得は

292万円総所得金額92万円所得控除 = 200万円課税所得
総所得金額とは:各所得の合計(一部所得は除く)。
所得控除とは?:税の負担を軽くするもの。

となります。そして、課税所得に税率をかけることで所得税が計算されます。