学生で扶養を外れると家計はどれくらい変化する?支払う税金が増える?

2020.10.03 更新
今まで扶養されていた方が扶養から外れると税金はどれくらい増えるのか。この記事では扶養から外れた際の家計について説明していきます。
この記事の目次
扶養を外れるとなぜ税金の負担が増える?

扶養の対象になっていても、アルバイトなどで年収103万円を超えて稼いでしまうと、扶養の対象から外れてしまいます。

扶養の対象から外れると、今まで扶養していた方(たとえば親)が扶養控除を利用できなくなるため税金の負担が増えてしまいます。扶養から外れる予定の方は注意しましょう。

学生で扶養を外れると税金の負担はどれくらい変わる?

1年間の収入が103万円を超えると、親族の扶養控除の対象から外れます。あなたが学生だとすると、親族の税金の負担は約5~17万円増す場合が多いでしょう。
※親族(たとえば親)の年収を250万円~950万円とした場合。

以下に年収別に税金額のシミュレーションをしているのでどれくらい高くなるのかチェックしてみてください。

増額する税金の一覧表

16歳~18歳の学生が扶養から外れた場合
以下の表は親族(40歳以下・社会保険加入のサラリーマン)が扶養控除を利用できなくなった場合のシミュレーション。

親族の年収 親族が支払う税金
年収250~400万円のとき 親族が支払う税金は約52,000円高くなります。
※所得税は19,000円、住民税は33,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収500~600万円のとき 親族が支払う税金は約71,000円高くなります。
※所得税は38,000円、住民税は33,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収700~900万円のとき 親族が支払う税金は約110,000円高くなります。
※所得税は76,000円、住民税は33,000円

※所得税と住民税はこちらで計算

※扶養控除の対象となる家族1人あたり





19歳以上22歳以下の学生が扶養から外れた場合
以下の表は親族(40歳以下・社会保険加入のサラリーマン)が扶養控除を利用できなくなった場合のシミュレーション。
 

親族の年収 親族が支払う税金
年収250~430万円のとき 親族が支払う税金は約77,000円高くなります。
※所得税は31,500円、住民税は45,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収540~640万円のとき 親族が支払う税金は約110,000円高くなります。
※所得税は63,000円、住民税は45,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収740~940万円のとき 親族が支払う税金は約170,000円高くなります。
※所得税は126,000円、住民税は45,000円

※所得税と住民税はこちらで計算

※扶養控除の対象となる家族1人あたり

いくら以上稼げば損にならない?(まとめ)

上記で説明したように、親族の扶養控除の対象から外れたときには親族が支払う税金の負担が増します。したがって、アルバイトで103万円以上稼いだとしても、親族の負担分も合計するとアルバイトで稼いだ金額によってはマイナスになってしまいます(合計で損してしまう)。

親族が支払う税金の負担分を加味しても損にならないためには、アルバイトで140万円以上稼げばほぼ確実に合計でプラスになります。
※学生の年齢によっては120万円以上の場合も有り。

したがって、学生で140万円以上稼ぐ時間が無い場合には1年間の収入を103万円以内に抑えておくことをオススメします。くわしく知りたい場合は以下のページで説明しているのでチェックしてみてください。

今回のコラムはここまでです。扶養を外れると家計はどれくらい変化するかについてわかっていただけましたか?

学生で扶養を外れると家計はどれくらい変化する?支払う税金が増える?

今まで扶養されていた方が扶養から外れると税金はどれくらい増えるのか。この記事では扶養から外れた際の家計について説明していきます。
この記事の目次
扶養を外れるとなぜ税金の負担が増える?

扶養の対象になっていても、アルバイトなどで年収103万円を超えて稼いでしまうと、扶養の対象から外れてしまいます。

扶養の対象から外れると、今まで扶養していた方(たとえば親)が扶養控除を利用できなくなるため税金の負担が増えてしまいます。扶養から外れる予定の方は注意しましょう。

学生で扶養を外れると税金の負担はどれくらい変わる?

1年間の収入が103万円を超えると、親族の扶養控除の対象から外れます。あなたが学生だとすると、親族の税金の負担は約5~17万円増す場合が多いでしょう。
※親族(たとえば親)の年収を250万円~950万円とした場合。

以下に年収別に税金額のシミュレーションをしているのでどれくらい高くなるのかチェックしてみてください。

増額する税金の一覧表

16歳~18歳の学生が扶養から外れた場合
以下の表は親族(40歳以下・社会保険加入のサラリーマン)が扶養控除を利用できなくなった場合のシミュレーション。

親族の年収 親族が支払う税金
年収250~400万円のとき 親族が支払う税金は約52,000円高くなります。
※所得税は19,000円、住民税は33,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収500~600万円のとき 親族が支払う税金は約71,000円高くなります。
※所得税は38,000円、住民税は33,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収700~900万円のとき 親族が支払う税金は約110,000円高くなります。
※所得税は76,000円、住民税は33,000円

※所得税と住民税はこちらで計算

※扶養控除の対象となる家族1人あたり





19歳以上22歳以下の学生が扶養から外れた場合
以下の表は親族(40歳以下・社会保険加入のサラリーマン)が扶養控除を利用できなくなった場合のシミュレーション。
 

親族の年収 親族が支払う税金
年収250~430万円のとき 親族が支払う税金は約77,000円高くなります。
※所得税は31,500円、住民税は45,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収540~640万円のとき 親族が支払う税金は約110,000円高くなります。
※所得税は63,000円、住民税は45,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収740~940万円のとき 親族が支払う税金は約170,000円高くなります。
※所得税は126,000円、住民税は45,000円

※所得税と住民税はこちらで計算

※扶養控除の対象となる家族1人あたり

いくら以上稼げば損にならない?(まとめ)

上記で説明したように、親族の扶養控除の対象から外れたときには親族が支払う税金の負担が増します。したがって、アルバイトで103万円以上稼いだとしても、親族の負担分も合計するとアルバイトで稼いだ金額によってはマイナスになってしまいます(合計で損してしまう)。

親族が支払う税金の負担分を加味しても損にならないためには、アルバイトで140万円以上稼げばほぼ確実に合計でプラスになります。
※学生の年齢によっては120万円以上の場合も有り。

したがって、学生で140万円以上稼ぐ時間が無い場合には1年間の収入を103万円以内に抑えておくことをオススメします。くわしく知りたい場合は以下のページで説明しているのでチェックしてみてください。

今回のコラムはここまでです。扶養を外れると家計はどれくらい変化するかについてわかっていただけましたか?