学生などがアルバイトで給料を103万までにおさえる理由はなに?

2019.03.01 更新
この記事の目次
学生の方などがアルバイトで「103万を超えないようにしなきゃ。」って言っているのを聞いたことはありませんか?この記事では「アルバイトの方がなぜ収入を103万円におさえるのか」について簡単に説明していきます。
なぜ103万に抑えるの?

なぜ年間のお給料を103万に抑えるのかというと、扶養控除ふようこうじょの対象になるためです。扶養控除とは「養う家族がいれば税金の負担を軽くします」という制度です。
扶養控除については、こちらを参照。

103万円を超えるとどうなるの?

たとえば子供の年間の給与収入が103万円を超えてしまうと、その子供は扶養控除の対象から外れてしまいます。そうなってしまうと扶養している方の税金の負担が重くなってしまうということです。

では次に、扶養控除ふようこうじょを利用することで税金はどれくらい安くなるのか見てみましょう。

扶養控除ふようこうじょを利用するとどれくらい安くなる?

年収にもよりますが、扶養控除を利用すると税金の負担は約5~7万円ほど軽くなる方が多いと思います(扶養控除の対象となる家族ひとりあたり)。

では、実際に計算をしてどのくらい税金の負担が変わるのか見てみましょう。

計算してみよう

所得税はいくらになる?
扶養している方(たとえば一家の働き手の方)の給与所得が350万円であり、所得控除が130万円(38万円扶養控除 + 38万円基礎控除 + 54万円社会保険料控除)のとき。

上記の条件のとき、所得は給与所得のみなので、総所得金額は350万円となります。
総所得金額とは:各所得の合計。

課税所得の計算
総所得金額がわかったので、次に課税所得を計算します。上記の条件から所得控除は130万円なので課税所得は、

350万円総所得金額130万円所得控除 = 220万円課税所得
給与所得については、給与所得とは?を参照。
課税所得については、課税所得とは?を参照。

となります。

所得税の計算
課税所得がわかったので所得税を計算します。所得税は

220万円課税所得 × 税率 = 所得税

となります。課税所得330万円以下は税率が10%(控除額97,500円)なので、所得税は、

220万円課税所得 × 10% – 97,500円 = 122,500円所得税
所得税率しょとくぜいりつについては、所得税の税率を参照。

となります。
所得税の計算については、こちらで説明しています。

扶養控除を適用しなければ?
扶養控除38万円が利用できなければ、そのぶん課税所得が増えるので、

(220万円 + 38万円)課税所得 × 10% – 97,500円 = 160,500円所得税

となり、控除を申請したときと比べて税金の負担が重くなってしまいます。
※ちなみに上記の条件の場合、住民税は33,000円増えることになります。

このように、扶養控除があるおかげで税金が安くなっていることがわかります。アルバイトをしている方は覚えておきましょう。

くわしい扶養控除についてはこちら

今回のコラムはここまでです。アルバイトで給料を103万までにおさえる理由なんとなくわかっていただけましたか?

学生などがアルバイトで給料を103万までにおさえる理由はなに?

この記事の目次
学生の方などがアルバイトで「103万を超えないようにしなきゃ。」って言っているのを聞いたことはありませんか?この記事では「アルバイトの方がなぜ収入を103万円におさえるのか」について簡単に説明していきます。
なぜ103万に抑えるの?

なぜ年間のお給料を103万に抑えるのかというと、扶養控除ふようこうじょの対象になるためです。扶養控除とは「養う家族がいれば税金の負担を軽くします」という制度です。
扶養控除については、こちらを参照。

103万円を超えるとどうなるの?

たとえば子供の年間の給与収入が103万円を超えてしまうと、その子供は扶養控除の対象から外れてしまいます。そうなってしまうと扶養している方の税金の負担が重くなってしまうということです。

では次に、扶養控除ふようこうじょを利用することで税金はどれくらい安くなるのか見てみましょう。

扶養控除ふようこうじょを利用するとどれくらい安くなる?

年収にもよりますが、扶養控除を利用すると税金の負担は約5~7万円ほど軽くなる方が多いと思います(扶養控除の対象となる家族ひとりあたり)。

では、実際に計算をしてどのくらい税金の負担が変わるのか見てみましょう。

計算してみよう

所得税はいくらになる?
扶養している方(たとえば一家の働き手の方)の給与所得が350万円であり、所得控除が130万円(38万円扶養控除 + 38万円基礎控除 + 54万円社会保険料控除)のとき。

上記の条件のとき、所得は給与所得のみなので、総所得金額は350万円となります。
総所得金額とは:各所得の合計。

課税所得の計算
総所得金額がわかったので、次に課税所得を計算します。上記の条件から所得控除は130万円なので課税所得は、

350万円総所得金額130万円所得控除 = 220万円課税所得
給与所得については、給与所得とは?を参照。
課税所得については、課税所得とは?を参照。

となります。

所得税の計算
課税所得がわかったので所得税を計算します。所得税は

220万円課税所得 × 税率 = 所得税

となります。課税所得330万円以下は税率が10%(控除額97,500円)なので、所得税は、

220万円課税所得 × 10% – 97,500円 = 122,500円所得税
所得税率しょとくぜいりつについては、所得税の税率を参照。

となります。
所得税の計算については、こちらで説明しています。

扶養控除を適用しなければ?
扶養控除38万円が利用できなければ、そのぶん課税所得が増えるので、

(220万円 + 38万円)課税所得 × 10% – 97,500円 = 160,500円所得税

となり、控除を申請したときと比べて税金の負担が重くなってしまいます。
※ちなみに上記の条件の場合、住民税は33,000円増えることになります。

このように、扶養控除があるおかげで税金が安くなっていることがわかります。アルバイトをしている方は覚えておきましょう。

くわしい扶養控除についてはこちら

今回のコラムはここまでです。アルバイトで給料を103万までにおさえる理由なんとなくわかっていただけましたか?